鼻の歪み正しく改善する

鼻の歪みに悩んでいる人におすすめのセルフケアの方法

鏡で自分の顔を見た時に顔に違和感を感じる人は、鼻が歪みによる原因が考えられます。今回は鼻が歪んでしまう考えられる原因と、日常生活で自分で行える歪みの改善方法について詳しくご紹介します。

鼻が歪んでしまう原因と注意点

鼻が歪みは遺伝的によって生まれついての場合もありますが、それ以外にもいくつかの考えられる原因があります。
まずは、怪我などの外的な原因です。何らかの理由で外から鼻の骨に強い衝撃が加わってしまって骨折などをした場合に、まっすぐな形で骨がくっつかないと怪我は完治しても鼻は曲がった状態になってしまいます。これは病院で適切な治療を受けることで回避することは可能です。
次に、疾患による原因です。人間の鼻と顎は密接な関係にあって顎が正常でないと鼻にも影響をもたらします。顎編位症などの疾患によって顎が左右対称になっていない人は、鼻も歪んでしまうことがあるので注意が必要です。
鼻を歪んでいる状態をそのままにしておくと顔全体の歪みに繋がるケースも考えられるので、鏡でセルフチェックをすることが大切になります。

花粉症と鼻の歪みの関係

日本人に多いとされる花粉症ですが、これは一般的に花粉によるアレルギーが原因と考えられています。実は花粉症と鼻の歪みにはちょっとした関係性があるのです。花粉症の主な症状は鼻水、鼻づまりやくしゃみといったものです。花粉症はアレルギーが原因なので鼻が曲がっているからといって花粉症になるとは限りませんが、鼻が歪んでいてなおかつ体内に花粉や鼻炎などの抗体を備えている人は高い確率で発症すると考えられています。
鼻の歪みを解消することで、鼻の粘膜が過度に反応することがなくなり花粉症の症状が軽減されるといったケースも少なくないのです。花粉症で悩んでいる人は、自身の鼻が正しい形をしているかをチェックすることも重要と言えます。

歪んだ鼻を元に戻す治療法

鼻の歪みは治療によって治すことが可能です。専門のクリニックなどで改善することもできますが、自分で行える治療方法もあります。
やり方は頬から鼻の高いところに向けて人差し指と中指を使って滑らせるようにして移動をさせます。鼻の一番高い所まで指が来たら軽く摘んで左右に1周回してから両手の指で鼻をかむように左右から押して、その体制を1分間維持するのが基本の筋力マッサージです。
1回の施術ではすぐに効果が現れないので、毎日根気良く続けることが大切になります。この時に注意する点は、力を入れすぎないことです。鼻の軟骨は非常に薄い骨でできているので力を入れすぎてしまうと逆に悪影響を与えてしまうこともあるので、軽い力でやることを心掛けてください。