鼻の歪みの改善に必要なこと

鼻の歪みを直したい時に知っておきたい基礎知識

鼻は顔の目立つ位置にあるため、その歪みをなんとかしたいと考えている人も多いでしょう。ここでは、そもそも鼻の歪みはなぜ起こるのかということや、自分で鼻を矯正する方法、そして歪みのチェック方法などについて紹介します。

鼻の歪みが起こる原因

鼻の歪みが起こる原因には、生まれつきそうであるという「遺伝による場合」や、事故・ケガなどによって強い衝撃を受けた時に起こる「外傷による場合」、そして「成長に伴って発生する場合」などがあります。とくに多いとされているのが、成長に伴って発生する場合であり、その症状としては「顎偏位症(がくへんいしょう)」と呼ばれるものがあります。この症状は、成長期において顔の骨に負荷がかかることによって起こるもので、顎が左右非対称になると同時に、鼻の歪みにも影響することが知られています。さらにこの症状は、見た目の不具合だけでなく、下顎の位置がずれてしまうことによって体調にも悪影響を及ぼす場合があるため、その点でも注意が必要になります。

自分で鼻を矯正する方法

鼻の歪みが気になる場合は、医師などに相談することも必要ですが、自分で矯正を行う方法もあります。ポイントとなるのは、鼻だけでなく、歪みの原因となっている可能性の高い顎も矯正するということです。「顎の矯正」については、まず、エラの後ろを親指で軽く押しながら、同時に顎の力でそれを押し返します。そして親指と顎の力の均衡を維持しながら深呼吸を3回行います(一連の動作を左右行います)。そして「鼻の矯正」については、まず、前方から4本目の歯に割り箸を挟みます。次に、指を使って両方から鼻を圧迫し真っすぐになるようにします。そして、口角を左右のズレがないように持ち上げますが、口角を持ち上げると鼻が引っ張られる感覚があるため、その感覚が左右でバランスがとれるように調整を行います。

歪みのチェック方法

鼻の歪みが気になる場合のチェック方法については、鼻だけでなく、顔の各部分をチェックする必要があります。自分でチェックできるポイントとしては、鼻の高さをはじめ、頬骨の大きさや、口角の高さ、そしてエラの高さに、それぞれ左右の差がないかどうかを調べるということが挙げられます。さらに、写真に写った自分の顔を見て、左右のバランスがおかしくないかどうか調べるというチェック方法もあります。以上に挙げたチェックで、該当する項目が多い場合は、矯正に必要な期間が長くなる可能性があると言えます。さらに、年齢が高くなると顔の歪みが強調されてしまうことが多いということも知っておくべきでしょう。また、自分で行う矯正には限界があるため、なかなか改善しない場合などは専門の医師へ相談するようにしましょう。