整形で鼻の歪みを改善させる

鼻の歪みにお悩みの方には修正手術がオススメ

鼻は顔の中心に位置するパーツなので、少しでも歪んでいたり曲がっていると顔全体のバランスに歪みが生じた印象を受けてしまいます。
ここでは、鼻の整形手術に関する概要やメリット・デメリットについてご紹介します。

斜鼻修正手術の概要とは

斜鼻修正手術とは、鼻筋が曲がっていたり歪みでお悩みの方に適用される美容整形手術のことです。
鼻筋の歪みは生まれつきの方もいますが、事故や怪我などで骨折をしてしまいそのまま曲がってしまったという人、そして歪みがひどいために呼吸がしづらいことでお悩みの方に選ばれている方法です。
この方法は、鼻の穴からメスを入れ、鼻の軟骨部分を削ったりして修正を施すので、顔の表面からは手術の跡が見えないのもメリットです。
しかし、鼻の骨自体にアプローチをかけるので比較的大掛かりな手術になります。人によっては出血量が多くなることもあります。
もし鼻の修正手術を希望する場合には、十分な治療期間や計画をしっかりとドクターと相談をしながら決めることが大切です。

デメリットやリスク・失敗例

鼻の歪みを治す「斜鼻修正手術」は、骨を削ったりする手術なのでデメリットやリスクなどが存在します。
個人差がありますが、術後には強い痛みが出たり、腫れや内出血が出る場合があります。しかし、多くのクリニックでは痛み止めなどの薬が処方されるので、指示に従っていれば危険はありません。
しかしギプスを取るまでの術後1週間は自宅で静養している必要があるので、治療計画には十分余裕を持たせておくことが求められます。
そして術後も経過観察などのために3回ほどの通院が必要になります。
代表的な失敗例では、あまり変化を感じられない・左右の鼻の穴の形が変わってしまったといった仕上がりに関するものです。このような失敗を避けるためにも、自分のイメージにあうようなクリニック探しをすることも重要なポイントです。

その他の鼻の修正手術や費用の相場

斜鼻修正手術は、他の鼻の手術と併用されることが多い方法でもあります。
たとえば、だんご鼻解消術や鼻先修正術といった手術も同時に行う場合があります。
このような手術を併せて行うことで、鼻の歪みを治すだけでなく自分の希望する鼻の形にすることが可能となります。
なお、鼻の修正手術にかかる費用は40万円から70万円が相場とされています。しかし、併用する手術内容や麻酔の種類・入院の有無などによってもこの金額は異なるので、あくまでも目安として考えましょう。施術にかかる時間は30分から長くても1時間程度とされています。使用する麻酔が全身か局部かによって時間が異なります。
ギプスをはずす術後1週間ほどまでは洗顔は出来ません。しかしメイク自体は鼻を避ければOKです。